【EE】english-enjoyable

【EE】=英語を楽しく◆楽しく楽して英語を身に着ける方法や読書・生活上の工夫をシェアします◆英語で学んだ「楽しんで成長する」をいろんな分野で実践していきます☺◆【Theme】英語・学習法・料理・日常・健康・投資・仮想通貨・メンタル・読書etc...

ハードウォレットももはや絶対安心ではない件【仮想通貨の資産管理】

こんにちは。

ぴーちゃんです。

 

先日のコインチェック盗難事件や、

www.sankei.com

 

海外取引所でのハッキングを受け、

取引所リスクというものが、一般ユーザーの人達にも急速に浸透してきており、自分の財産は自分の手で守るという意識が高まってきてます。

 

その影響として、USBのような形式で自己管理できるハードウォレットが急速に売れているようですが、

 

本日有名ブロガーの方が、その安全と言われているハードウォレットでの被害を受けそうになったという気になるツイートを発見しました。

 

【DEGさんによる、ハードウォレット被害の一連ツイート】

 

こうしたことが起こるということは、取引所リスクに気づきとりあえずハードウォレットを買った方などでは気づきにくいと思います。

 

私も、正直ハードウォレットは安全だとばかり考えていたので、こうした巧妙なウイルスが既に存在していることには気づいていませんでした。

 

【この報告を受けて私たちができる対策、3選】

※上から順に取り組みやすいものを並べました。

 

①ウイルス対策ソフトを導入する。

→多くの人が既に導入されているかとは思いますが、導入していない場合は直ちにインストールしてください。ただし、上でDEGさんが述べているように、スキャンで検知されない巧妙なパターンもので、もはやこれだけでは安心できません。

 

※私が使っているソフトです。導入していない方は是非。

 

②海外サイトを見ない

→仮想通貨という世界では、海外からの情報が一次情報であり、多くの方が利用されていると思います。ただし、海外サイトはウイルス等仕組まれている可能性が高く、そのようなサイトを見る場合は、普段ウォレットや仮想通貨取引をするパソコンと別の端末を使用したほうがよさそうです。

 

➂パソコンを使い分ける

→これが一番確実です。専用のパソコンを1台買い、ウィルス対策ソフトなどを入れたうえで、取引や引き出し等の用途に限り使用するようにすれば、限りなくウイルス感染リスクは防げます。また、パソコンを使っていないときは、LANケーブルを抜くなどすれば、オフライン状態となり、さらなる安全性の向上が期待できます。

 

以上となります。

 

現状はやはりハードウェアウォレット管理+オフラインのパソコン使用が一番良い組み合わせだと思います。

 

ハードウェアウォレットを購入されていない方は、まず買ってみて早めに使い方などに慣れておいた方が良いと思います。いきなり使い始めてセルフゴックスするケースもあるみたいです。

 

 

 自分たちの貴重な財産は、自分たちで守れるように、日々セキュリティ意識をアップデートしていきましょう。ではでは。

 

※追記 (19:40)

DEGさん自身のブログでも、こちらの被害の詳細について記事にしてくださっています。ぜひ、お読みになってみてください。

www.bitcoin-trade.info