【EE】english-enjoyable

無理せず楽しく英語力を身に着ける方法や 読書・生活上の工夫などをシェアーし、また 読者の方とともに成長の場としてブログを活用したいと思っています。

『達人のサイエンス』物事上達の秘訣に関する本を日英同時に読んでみた!【今日のEE実践2】

こんにちは。

ぴーちゃんです。

 

今回の記事は、以前記事にした下記のシリーズ第2弾です。

www.pichan.fun

 

『達人のサイエンス』という本ですが、合気道の達人である著者が、合気道の上達の軌跡を振り返り、物事を上達させるには、どういった要素が必要かについて述べている一冊です。

f:id:pichankun09:20180222204935j:plain

※左が和書、右が洋書です。

 

下記、アマゾンより本の紹介の引用です

『人生のさまざまな領域で「達人」と呼ばれる人々は、自らの精神と身体をどう鍛錬しているのか?生命のリズムと一体化し、生きるエネルギーを呼び覚ますための、ハードでしかも軽やかな人生修行の理論「マスタリーの道」を詳説。 』(Amazonより引用)

 

上達の原則について述べている本のため、英語学習にも通じ、非常に勉強になります。洋書は『Mastery: The Keys to Success and Long-Term Fulfillment』というタイトルです。『熟達:成功と長期的達成へのカギ』的な感じですね。カッコいい。

f:id:pichankun09:20180222104951j:plain

今回の英たの学習法

①洋書を音読しながら、わからない単語に下線、難しいけどわかる単語を塗りつぶす。

→下線は、和書を読むときにつぶし語彙増強、わかった単語を塗りつぶすのは、自分のできることにフォーカスするためです。オススメ。

 

①同時に、区切りの良いところで番号をふっていく

→のちに和書にも該当箇所に番号を記入し、後で下線箇所など特定しやすくするためです。

 

②一周おわったら、和書をざーっと速読した後、洋書の該当箇所を音読。

大体2ページとか区切りの良いところごとに読み進めていきます。

 

➂飽きっぽくない人であれば、章終わり毎に復習をはさむ

→短期間に復習を図ることで、定着率をあげます。

 

※この作業をしていく中で、同じ内容につき、日本語、英語で何回も触れるため、本の内容も頭に入りやすいです。ほかに、高度な学習法として、日から英に瞬間英作文的に訳してみるなどの方法があります。

 

 

【この本で私が学んだこと2つ】

・現代はとにかく広告で消費者を消費させようと仕向けてくる。

だから、それにまんまとはまらない。そして、そういった方法はたいてい、マステリーの道とは逆のベクトルである。

→これ本当大事ですよね。勉強は一冊をやりきることが何より大事なのに、広告は、どんどん参考書を買うことを仕向けてくる。何か学んでいるときは、一度立ち止まって、これは広告に踊らされているだけではないか?と問いを持つことが非常に大事ですよね。

 

・プラトーを愛すること。

→プラトーは日本語で「一時的な停滞」という意味ですが、結果を求めすぎると、ちょっと停滞で挫折したりしますよね。TOEICの点数が一向に伸びないとか。一方で、学習の過程を楽しめていたりすると、一時的な停滞も、そこまで気になりません。私が普段お伝えしている、とにかく楽しんで、結果として上達する、というのも基本的にはこういった考えからきています。結果にフォーカスしすぎると挫折も早い。過程を楽しみ、プラトーも愛せれば、継続できて、継続できるから結果として上達する。例えばダイエットも、やせる結果を求めすぎると、続かない。それよりも、ランニングをして気分がすっきりした状態を味わうとか、食事を我慢できた自分をたくさんほめるとかの方が大事。また、個人的に言うと、ブログも約3週間ほど続けられました。けど、読者が増えないとかそういう方向ばかり気にしだしたら、手が止まってしまいます。今は、とにかく自分が有益な情報だったりを伝える楽しさだったり、書く単純な楽しさにフォーカスして書き続けられればと思います。

 

以上、 【今日のEE実践】物事上達の秘訣に関する本、『達人のサイエンス』を日英同時に読んでみた! でした☺

  

※本日のブログ学習。ありがとうございます。

michiko-70554148.hatenablog.com