【EE】english-enjoyable

無理せず楽しく英語力を身に着ける方法や 読書・生活上の工夫などをシェアーし、また 読者の方とともに成長の場としてブログを活用したいと思っています。

【FF展@六本木ヒルズ】FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-行ってきた!

こんにちは。

ぴーちゃんです。

 

普段英語学習の素材としても使わせていただいているFFシリーズですが、

FF10好きなぴーちゃんは、FF展@六本木ヒルズに一人で行ってきました!笑

なんとFFが始まってから30年も経つんですね~。結構年近いです笑

 

期間は2018年1/22-2/28ということで明日までみたいですが、明日までに行けない人のために雰囲気を伝えるべくまとめます。(一部ネタバレ含みます)

f:id:pichankun09:20180227162202j:plain

※入口にて。今回は動画以外であれば基本撮影可能でしたので、たくさんの素晴らしい展示物を自由に撮影出来ましたよ~。

 

【今回の注目点】

参加型インタラクティブシアター

→ディズニー感のあるイベントでした。対象年齢は少し低めかも??

【音声ARシステム】(ヘッドホンによるナレーションとサウンド)

→これは、行ってから知ったサプライズでした笑 歩きながら、各シリーズのモニターに近づくと、ヘッドホンからその場面について解説するナレーションとBGMが流れてくるシステムでした。なかなか経験したことがなく面白い仕組みだなぁと思いましたが、たまにバグが発生して聞けなかったときもあったのでそこだけ残念でした

FF7の【模造教会】

→これは感動しましたね!あの名場面を思い出し、ワクワクしました。同じ部屋にはリメイク版の画像も少し展示されていました。早く発売してくれ~☺

 

【感想】

・料金設定は、当日券大人1人2500円と高めの印象でしたねー。本当に好きな人が行くといいと思いました。展覧時間は大体アベレージで1時間くらいですかね。私は6時半に入って20時ギリギリにお土産買って帰りました。

・今回は土曜日に行きましたが、50分待ちでした!入場までで結構疲れます。この手のイベントは平日行けるんであれば絶対平日がオススメですね~。

・基本、FF1から最新作まですべての作品について何かしらの展示物があるため、シリーズのどれかに触れたことのある人なら楽しめる感じです。

・私は、FF6と10に特に思い入れがあるので、そのモニターの前で涙してました(´;ω;`)

セリスのテーマは卑怯だよ(´;ω;`)「ひとりぼっちの世界に生きる意味はあるのだろうか?」という壁に書かれたセリフに心打たれた。。FF6って本当に3.11を感じさせるものがある。涙腺弱い人は注意。

来場者の属性としては、カップルと同好会的な方の割合が多め。ボッチ率は2割くらい? たまにFF世界に出てきそうな外国の方も居ましたね。

FFカフェはエリクサーと干し肉をぜひ召し上がりたかったが、展示の鑑賞で閉館20時ギリギリだったので行けず。また、ボッチにはちょっときつい環境笑 カップルや同好仲間と行くべし。

 

【おまけ】

・帰りはおみやげコーナー。私は実用的なノートを購入。普段ノートを書いている理由が、「記憶力が絶望的に弱く、セーブ(記録)しとかないと、経験値貯まった気がしない」という理由なので、この「セーブブック」というコンセプトが気に入りました。

f:id:pichankun09:20180227151333j:plain

 

また、明日は 最終回として、FINAL FANTASY XV ディレクター田畑端氏によるファングリーティングがあるみたいです!! 興味あって時間ある方はぜひ行ってみては??

 

参考: 公式ホームページと公式ツイッター

www.finalfantasy.jp

 

twitter.com

 

最後に、今回逃した方へ。FFはこの手のイベントは色々やっているので、今回行けなかった方は次回是非行ってみてはいかがでしょうか!! 

www.finalfantasy.jp

※自分で今調べながら、行きてぇーって思ってます笑

今年は30周年ということでイベントも結構ありそうですね。

 

ではでは。