【EE】english-enjoyable

【EE】=英語を楽しく◆楽しく楽して英語を身に着ける方法や読書・生活上の工夫をシェアします◆英語で学んだ「楽しんで成長する」をいろんな分野で実践していきます☺◆【Theme】英語・学習法・料理・日常・健康・投資・仮想通貨・メンタル・読書etc...

【仮想通貨の禁欲】生活破綻しかけた私が行った「クリプト禁」の結果【仮想通貨中毒者必見】

こんばんは。

ぴーちゃんです。

 

最近仮想通貨界隈が冷えていますね。。

その影響か、SNSの一時期の熱狂ぶりが嘘のように静かです。

 

私はというと、この時期を利用して【仮想通貨禁】をしていました。

(いわゆるオ〇禁のようなものです笑)

参考:オナ禁によって得られる効果が尋常じゃない件 - NAVER まとめ

 

市場が冷え込んでいる時期は、この「クリプト禁」が心理的に取り組みやすく生活が破綻しかけている私のような人には大変オススメです。仕事を休職中、ぽっかり空いた心の穴に仮想通貨という蓋がしまって以来、中毒でした。私が数か月間、1日中パソコンに貼り付けてチャートや関連情報をチェックし続ける廃人生活から、約3週間禁じた結果、実感したメリット等についてお伝えします。

 

f:id:pichankun09:20180309011558p:plain

 ※奇しくも界隈で有名なビットたけしさんも禁欲されていたようです。意見は全く禿同です。

 

クリプト禁メリット4選

その①

・時間のムダがなくなる

→これは一番でかいです。私が仮想通貨依存をやめるにやめられなかったのは、この一生に一度しかないチャンスを逃すなんてもったいないという考えに縛られていたからです。ただ、

ニシノカズさんもおっしゃる通り、特に今の相場では、常時チェック体制を外れるからと言って特に機会損失するという危険性は低そうです。特に、投資のプロではない私たちが好機を生かせる可能性も非常に限られており、チャートにただ張り付くよりは、一旦距離を取り、その時間を使って、改めて金融について学ぶ、仮想通貨の技術について学ぶ、銘柄について学ぶという主体的な行動をとったほうがリターンの得られる確率が高いと思いました。

 

その②

・オハcheckがなくなる

→これも①の「時間のムダがなくなる」に通じますが、ここ最近完璧な習慣になっていました。起きたら何があろうと真っ先にパソコン、スマホに向かいチャートをチェックする日々。砂漠でのどが渇いている難民のような気分で、メンタルには非常に良くなかったです。今はこういった得体のしれない渇きから大分開放されています。

 

その➂

昼夜逆転がなくなり、睡眠の質がよくなる

→仮想通貨は24時間取引のため、いつ材料が出るかわかりません。またわかるとしても、時差のある海外発のことが多いため、それに引きずられて夜更かししがちです。ただでさえ情報収集しているだけで気づいたら朝ということも日常茶飯事でした。こうした生活から解放されたことによるストレス解消の効果は計り知れないと思っています。

 

その④

・自尊心が回復する

→特に、一発逆転を狙う方は、もし仮想通貨がダメになったときに計り知れないダメージがあると思います。私は余剰資金で取り組んでいるものの、一時期は仮想通貨のことしか頭にない状態で、市場の動きに相当振り回され、消耗しました。ただ、この市場の冷えを利用して、日々の基本的なこと(食事、運動、睡眠、料理)を味わうように生活し、また仮想通貨投資を通じて最終的に得られたとしても、得られなかったとしても、動じない心を得ようと思えました。

 

貧乏入門

貧乏入門

 

※お金に執着する心については、上記の本が参考になりました。お金があってもなくても充足できる心を身に着けたいものです。 

 

うまくクリプト依存を克服できた方法4選

・アプリを削除する

→これは第一歩であり、効果が大きいです。具体的には、私はクリプトフォリオを普段使っているスマホからipadに移動させ、ipadを家の外にあるトランクルームに幽閉し、本当に仮想通貨ポートフォリオについて確認が必要な時にだけ見に行くという方法をとっています。クリプトフォリオが身近なところからなくなったおかげで、資産変動による一喜一憂がなくなりました。

 

スマホを持たないで外出する

→これはリハビリの一環です。例えば日常のほかの楽しいことにフォーカスするために、スマホを持たずに最寄りの図書館に行っています。それにより、良い意味でチェックすることへの諦めが生まれて徐々に仮想通貨との距離を作ることが出来ました。

 

・ほかにハマれるものを見つける

→図書館通いの読書もそうですが、運動や料理も大変役立ちました。特に料理や、このブログなどアウトプットする作業は自分の精神が安定しましたし、今後も継続したいと思っています。

 

・依存症対策ソフトを導入する

→これはスマホの場合はフォレストというアプリをダウンロードし、利用していました。スマホをいじってしまう時間を減らすために、その我慢が出来ただけ木が育つという育成要素のあるゲームアプリです。HabitucaもRPG好きな自分として非常に魅力的でしたが、システムが多少多岐にわたりすぎており、続きませんでした。play.google.com

play.google.com

 

また、以前私がパソコン依存気味だった時に活躍したねむねむ君というソフトもPC利用時間を減らしたい人には有効だと思います。(最新OSに対応しているかは未確認です)

パソコンねむねむPro/Free « 村人電子工場本部

 

 

※おまけ

生活破綻しかけた際に、読んで参考になった記事です。感謝。

bitcoiner.link

 

blog.tinect.jp